Touch of Space

クルマ・カメラネタ中心の気ままなブログです。コメントなどはお気軽に(^ ^)

TUNE HOUR 2016

1/28 19:00より、Ustreamにて鬼束ちひろのライブが無料で生放送されました。

数日前に急遽配信が発表され、最初はてっきりトーク中心で最後にちょろっと歌って終わりかなと予想していましたが、実際はなんとピアノ伴奏のみで12曲を1時間ぶっ通しで歌い続け、歌詞以外は一言も喋らずに終わるという、超クール&シンプルなスタイルのライブでした!

そして何よりファンとして嬉しいのが、歌声がここ数年のガラガラ声から完全に復活していたこと!2011年~2014年前半(ちょうどメイクや衣装が派手だった時期)までのアルバムやライブでは、本人も思うように声が出せておらず、歌唱も不安定な感じでした。2014年後半~2015年は、花岡なつみさんのデビューシングルの作詞・作曲で話題となったこともあり、テレビでの露出がたまにありました。しかし、自身が歌ったりといった場面は一切なかったように思います。コンサートも一度キャンセルになったことがあります。どうやらこの期間に喉のケアをされて、今回満を持して復活を宣言するべく緊急のライブを開催したのでしょう。

 

ライブのセットリスト

  1. 月光
  2. 眩暈
  3. 私とワルツを
  4. 惑星の森
  5. 流星群
  6. ラストメロディー
  7. everyhome
  8. 陽炎
  9. 帰り路をなくして
  10. Sign
  11. King of Solitude

新曲は一切なしでしたが、過去の名曲ばかりを集めた素晴らしい内容でした。生歌初披露の曲も3曲ありました。

 

 

f:id:chorosso:20160129181516j:plain

オーチャードホールでのライブを彷彿とさせる、ピアノのみのセッティング。

 

 

f:id:chorosso:20160129182700j:plain

ピアノを弾くのは、ずっと鬼束さんを支え続けている富樫春生氏。この人の演奏は本当に鬼曲とよく合います。

 

 

f:id:chorosso:20160129182127j:plain

f:id:chorosso:20160129182307j:plain

右手にマイクを持ち、左手でバランスをとりながら歌うスタイルは今も昔も変わりません。

 

 

f:id:chorosso:20160129182507j:plain

初期の鬼曲では珍しく明るい部類に入る「Sign」では笑顔を見せてくれました。

 

 

f:id:chorosso:20160129182859j:plain

最後は愛猫と共に挨拶をして去って行かれました。

 

久しぶりの歌唱のようで、声量が不安定だったり歌詞間違いが多々ありましたが、以前に同じような状況だったときも徐々に調子を上げてきていましたから、今回も大丈夫でしょう。

 

 

2月に発売される中島美嘉のトリビュートアルバムに参加したり、4月に2年ぶりのライブが開催されたりと、今年からまた活動が活発になるようで期待が膨らみます。 

 

 

鬼束さん、富樫さん、素敵な1時間をありがとうございました。