読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Touch of Space

クルマ・カメラネタ中心の気ままなブログです。コメントなどはお気軽に(^ ^)

new Renault Twingo ~試乗編~

ルノーディーラーさんのHPで試乗車が用意できたと案内されていたので行ってまいりました。

試乗車はインテンス(ボディカラー:ジョン・エクレール、インテリアカラー:ブラン)

ちなみに、キャンバストップ無しの場合はやはり後席の頭上空間に余裕がありました。

<スペック>
エンジン:直列3気筒DOHC12バルブターボ
総排気量:897cc
最高出力:90ps(66kW)/5500rpm
最大トルク:13.8kg・m(135N・m)/2500rpm
駆動方式:RR
ミッション:6速EDC(デュアルクラッチ)
カタログ燃費:21.7km/ℓ(JC08モード)
タイヤサイズ(前):165/65R15
タイヤサイズ(後):185/60R15
全長×全幅×全高:3620×1650×1545mm
車両重量:1010kg(キャンバストップ車は1030kg)
最小回転半径:4.3m

 

エンジン・ミッション

走り出していきなり渋滞で、すぐにアクセルを緩めると、その瞬間に前へつんのめりました。エンジンブレーキが不自然なぐらいに強いのです。up!やTT(Efficiencyモードに限る)では、燃費を稼ぐためにアクセルを離すとほぼニュートラルの状態で滑っていきます。これに慣れているせいもありますが、上手く速度調節ができないので、慣れるまではギクシャクした運転になり同乗者を不快にさせてしまいそう。

f:id:chorosso:20160923193441j:plain

出足はさすがにデュアルクラッチだしトルクもあるのでググっと力強く出ます。もちろんそのまま加速を続ければup!みたいなシフトチェンジでのタイムラグもなし。問題はラフなアクセルワークをした時、コンピュータ制御が迷っているのかギクシャクします。この辺り、up!のASGの方がスムーズです。それから停止寸前、まるでMT車クラッチを切らなかったらノッキングする時のような振動を少し感じました。そしてアイドリングストップはエンストみたいに「ガラガラプッスン」と不安な音(^_^;)

クリープは非常に弱い。平坦な場所でないと進んでくれません。とは言え、勾配でもアクセルをチョンと軽く踏んでやればほぼ勝手に動いてくれる感じ。これだけでも自宅の車庫入れは楽になります(苦笑) up!はこういう時完全にクラッチのないMTと同じですから。。。

エンジン音は前席に乗っているとほとんど聞こえません。やっぱりタコメーターが欲しい。後席でも強めに加速しないとはっきりと聞こえることはなく、通常は遠くの方でエンジンが動いている印象。ただミッションの挙動に関連して振動が伝わりやすい気がしました。

トゥインゴのEDCはまだまだ発展途上だと感じました。VW系のDSGを目指して熟成させてもらいたいです。以前にルーテシアR.S.に試乗した時はそんなに悪い印象はなかったんだけどな~。

 

 

乗り心地

乗り心地は硬いです。まだ走行距離150km程度の新車だったのでわかりませんケド。up!より硬いんじゃない?と思ったくらい。それに後席では跳ねる感じもあってちょっと疲れてしまいそう。

 

 

ハンドリング

街乗りの範疇ではRRの良さは実感できず。交差点を勢いをつけて曲がってみましたが普通です。国産車みたいな間に機械の制御が入った感触があり、up!のようなダイレクト感がなくちょっとクセがありました。up!の方が運転しやすく楽しいです。BMW的なキレを期待していたんだけど(;^ω^) ですが、これがワインディングだと逆転するかも?という期待が残ります。

小回り性能は本当にすごい!片側2車線道路で転回を行いましたが、分離帯を挟んで中央寄りの2車線だけで済みました。 ハンドルを切って曲がりながら、他のクルマならもう少し切らないといけないかな~と思った瞬間にギュイーンと、ほぼ右後輪がコンパスの軸になったようなイメージで回りました(゚д゚)! 思わず声が出てしまいました。

 

 

 

というわけで、すぐに買いたくなったらどうしようと心配していたほど完璧な出来栄えではなくて良かったです(笑) 走りに関してはちょっと不満点を多めに書いたかもしれませんが、街乗りで短時間の試乗だったので今後この評価は完全に覆るかもしれませんし、候補車から外れたわけでは決してなく、今のところup!の次にふさわしい車は、国産車を除けばほぼトゥインゴ一択になってしまうだろうと思います。

現状で購入を考えている仕様はインテンス キャンバストップのブラン・クリスタル(ホワイト)。時期は早ければ1年半後くらいにと考えています。

f:id:chorosso:20160923183503j:plain

試乗車のジョン・エクレール(イエロー)だと、内装はブラン・クリスタルと同じ内装なので参考になりました。明るく気分が高揚するインパネでキャンバストップだったら楽しいだろうナと想像します。

 

トゥインゴはup!やスマートどころかFIAT500よりも売れるんではないかというぐらいに勢いがあるみたいですね。私がディーラーへ行った時もお客さんが大勢いました。私の住むエリアのディーラーは非常に規模が小さく営業さんが二人しかおられません!そこへお客さんがいっぺんに5組ぐらいやってきますから、初めてのことでそりゃもう大変そうでしたw おかげで勝手に走ってきてくださいと言ってもらえました(笑) 試乗した後も、「どうでしたか?良かったですか?ありがとうございました。ではお気をつけて。」とシンプルな対応(雑ってわけではないです)。

 

 

一方のマイチェンup!はトゥインゴに立ち向かえるのか注目です。そう言えば日本導入はいつ?


2016 Volkswagen Up first drive review