Touch of Space

クルマ・カメラネタ中心の気ままなブログです。コメントなどはお気軽に(^ ^)

【ライブレポ】鬼束ちひろ「Syndrome」大阪公演

かなり前になりますが、鬼束ちひろ全国ツアーの大阪公演に行ってまいりました。
ついに念願の生鬼束を聴けたわけです。

 

当日は半休を取得して会場のある難波へ。パークスで早めの夕食を済ませて、18:30頃に入りました。 

 

http://hall.zepp.co.jp/img/hall/namba/map4_namba.jpg
(出展:Zepp なんば大阪 公式サイト

会場はZepp Namba

ホールではなくライブハウスなので、強制的に500円のドリンクを買わされました。500mlのペットボトル飲料なので1mlあたり1円です。高くても味は変わりませんw

 

今回は二階席の後ろ寄り。チケット購入時点で分かっていたものの、調べてみると見晴らしが利き、ど真ん中に近かったのでゆっくり聴くには良いだろうと思い、そのまま素直に買いました。

席につき、全体を見回してみると、客層はまさに老若男女、おひとり様の中高生や会社帰りのサラリーマン、杖をついた老人など、年齢層の広さに驚きました。てっきり鬼束さんと同年代のアラフォーがほとんどかと思っていましたが。あとは、平日なのに家族連れもいました(家族全員ファンなの??)。「こりゃあ、国民的シンガーソングライターじゃないか。」と、勝手に感心しておりました。

 

19:00ちょうどに、ストリングスのメンバーが入場し、すぐに「good bye my love」のイントロがスタート。真っ暗な舞台に、右脇から鬼束さんの影がユラユラと音にノリながら現れると、歓声とともに拍手が起こりました。そして、歌い出しと同時にスポットライトが当たり、初めて鬼束さんを目の当たりにしました。残念ながらこの距離からは表情はハッキリ見えず。

最近何度かTVで披露したこともあって歌い込んでいるためか、非常にのびやかで安定感抜群の歌唱。歌い初めとして慣らすのにピッタリの選曲でしょう。

f:id:chorosso:20170625194902j:plain

(※今回のライブ風景ではありません)

最新アルバム「Syndrome」の全曲を中心に、過去の名曲を織り交ぜたセットリストでひたすら歌い続けます。間にMCなど一切なし。一曲終わったら数秒で次の曲のイントロが始まります。

相変わらず裸足で、足を上げてから床を踏み込んでリズムをとっているのが印象的でした。以前とは少し違う形です。

曲が盛り上がる部分では、ストリングスの音量が大きすぎてボーカルが聴こえないこともありましたが、鬼束さんはそれに負けじと物凄い声量で応えます。過去に喉を潰したこともありますから、休憩なくこんなに歌ったらまたどうにかなりやしないか...と、ちょっと心配になったり(^^;

そんな心配をよそに、1時間40分の迫力のライブは無事に終わりました。 個人的に一番聴き入ったのは、3曲目の「Sweet Hi-five」。新曲の中で特にお気に入りの部類に入るからというだけでなく、終始ストリングスが静かでボーカルを落ち着いて聴けたから。やっぱり、鬼束ちひろは、伴奏がほとんどピアノだけの静かなライブで最も輝く。

今度は、椅子の柔らかい(笑)ホール会場で、アコースティックなライブに行きたい。(追加公演はそんなライブみたいだが、遠方のため都合がつかない)

あとは、ライブで歌ったことはない(?)ものの、私が個人的に気に入っている「Losing a distance」と「VENUS」を一度生で聴きたいな。両方とも、2008年のアルバム「DOROTHY」の収録曲です。このアルバムは鬼束ちひろの中では一番好きですね。

 

 

アルバムと言えば、初のライブアルバム「Tiny Screams」をゲットしました。

f:id:chorosso:20170624205132j:image

CDも良いけれど、DVDで映像があると迫力が全然違って楽しめます。DVDの曲は、アルバム「Syndrome」の初回限定盤に収録されていたものばかりですが、新たにグッとくるものがありました。

 

 

 

何かと荒れていらしゃった頃に聴き始めて、「知るのが遅かったのか...。」と思いつつもファンを続けてきて本当に良かった。そう思えるライブでした。この全国ツアーをもって、鬼束ちひろの復活劇は区切りでしょう。これからは、初期とかどうとかの概念は通用しない、表現者として円熟した鬼束ちひろを応援し続けていきたいと思います。

f:id:chorosso:20170625195021j:plain

「good bye my love」MV

Twitterはじめました

何気なく、Twitterアカウントを作りました。

 

 

思いつきで作ったもので、さてどうしようか^^; とりあえず、基本はブログとPHOTOHITOの投稿をお知らせしようと思います。他にはブログにするほどでもない小ネタとブログの予告編的な事を書こうかな。

Twitterやってる人がいたら、フォローしてくれると嬉しいです。ここのコメント欄よりも気軽に情報交換できますし。

キーカバー難民

ルノーの車には、不思議ちゃんなポイントが必ずあります。ルーテシア2の時は、クラクションの位置がウィンカーレバーの先っぽでした。サンキュークラクションは非常にやり易かったです。音自体もファニーで、飛び出して来た子供に警告のクラクションを鳴らしても、音を真似されてバカにされたぐらい(苦笑) 今回のルーテシア4も比較的ファニーな音だったり、ウィンカー音がたまに躓いたりと、「ん?」って思うことがあるのがドイツ車との決定的な違いです。ドイツ車にすっかり慣れきってしまうと、フランス車やイタリア車に乗った時に初めて外国の車に乗っているのを実感します。

 

で、ルーテシア4の最大の「ん?」ポイントは、この悪名高いカードキーでしょう。

f:id:chorosso:20170507193433j:plain

エンジンをかけるには、カードを挿してからボタンをプッシュしないといけないという二度手間。よって、カードキーは常にお目にかからないといけないものなのに、このプラスチッキーな安っぽい見た目。ディーラーではキーホルダーすらくれなかった(扱ってないらしい)ので、早速キーカバーをAmazonでポチッといきました。

 

f:id:chorosso:20170507193501j:plain

見つかったのはコレだけ。中華の怪しいサイトには、もっと安くて色々ありましたけど、怖くて手が出せない。

サイズがピッタリで上からボタンを押せるのですが、逆にピッタリすぎて取り出しにくい^^;

営業さんによると、みんカラのユーザーさんに使い勝手の良いオリジナルケースを製造・販売している方がいらっしゃるそうで、調べてみたら本革製でお値段が...。本革なんて望まないので、安い素材で作れないのかな?

 

さらに、ロサンジュ(ルノーエンブレム)の純正キーホルダーをルノー公式のウェブショップで発注。GWを挟んでようやく届きました。

f:id:chorosso:20170520212027j:image

Renault LUTECIA 納車【後編】

前回の続き。

 

f:id:chorosso:20170504235947j:plain

ヴァン・デン・アッカー世代のルノーは、エクステリアが最高にカッコいいのに、インテリアは他社より遅れている気がします。それでも実際に乗ってみると、案外残念感はありません。写真写りが悪いのかな。

 

 

f:id:chorosso:20170507095721j:plain

 よーく見ると、プラスチックながら細かな模様があって、デザインにこだわりが感じられる。

 

f:id:chorosso:20170505000056j:plain

インテンスなら、ここが一段凹んだタッチパネルになります。ゼンの方がフラットで一体感があるので、一概にどちらが安っぽいとも言えない。

 

f:id:chorosso:20170427231632j:plain

スマホクレードルは、値引きの一環でおまけしてくれました。純正だけあって全く傾かないし、ホールド力は完璧。ただ、インパネとの接合部からビビリ音がするのが難点。

 

 

f:id:chorosso:20170511223130j:plain

オーディオはビックリするぐらいに音質がイイ!低音はズンズン響き、高音はクリアで聴きやすい。TTの標準仕様のスピーカー音質は残念なので見習ってほしいね。ましてや、move up!(2スピーカー)の小学生の工作レベルの音質から比べたら...(苦笑)

 

 

f:id:chorosso:20170505000145j:plain

メーターはデザイン優先。速度計はデジタルのみで低速での精度は...(・_・;)  他にも、VW/Audi系と違ってオートマモードではギアの段数表示が出なかったり、燃料計が無駄に大きかったり、燃費は100kmあたり消費量の方式だったり、インフォメーションディスプレイは1つ1つの情報をボタンで送ってやらないと見られなかったりと、まぁ、言いたいことは沢山あります(笑)

 

 

f:id:chorosso:20170507221537j:plain

まだ慣らし中なので、走りの印象は少しだけ。
ハンドリングはup!との思想の違いを感じます。 up!はスポーツカー的にガチッと姿勢を維持して曲がる感じだった一方で、ルーテシアはロールが大きいです。一回のカーブを曲がるのはオンザレールで得意だけど、S字カーブでは次のカーブに入るのに、「よっこらしょっ」と車の首の方向を振ってやるような気持ちが少し必要。クイックとは言えないかも。かと言って、剛性力不足や安定性に不安を感じることはなく、決して破綻を見せません。あくまで乗り心地優先というのが理解できます。
その乗り心地は狙った通り、16インチのおかげで新車の状態でも十分にしなやかだし、遮音性が非常に高く静かでしっとりとした走り味が大変心地よいです。シートは柔らかいのにフニャフニャじゃなくて、しっかり包み込まれる不思議な感覚は、懐かしのおフランスが帰ってキター!と実感。長時間乗っていて疲れないどころか、むしろ癒されます♪

up!はTTとキャラが被っている部分もあったので、今の組み合わせの方が互いの無い要素を補完し合っていて飽きないでしょう。

ということは、車をコロコロと買い替える流れに終止符か?このダウンサイジングのご時世にAセグからBセグへ、1.0NAから1.2ターボにリバウンドしてしまったことだし、少なくともセカンドカーでは、このルーテシアが最後の内燃機関を持った車になるように頑張って(←何を?)長く付き合えればと思います(信じてもらえそうもないw)

 

http://photohito.com/imageaid/?url=http%3A%2F%2Fphotohito.k-img.com%2Fuploads%2Fphoto109%2Fuser108171%2Fb%2F1%2Fb183b01f917978f655971d8ccabb83e0%2Fb183b01f917978f655971d8ccabb83e0_m.jpg

このGWだけで500km以上走りました。説明書に記載してある回転数3500rpm縛り解禁の1000kmまであと少し。

Renault LUTECIA 納車【ZEN(前)編】

 

f:id:chorosso:20170507223326j:plain

そんなこんなで、まさかの9年ぶりリターンズ。我が家の新しい街乗り用セカンドカー、ルノー ルーテシア ZEN(ゼン)です。ボディカラーは「グリチタニウムメタリック」という、要はガンメタのグレーです。

Audiルノーの2台持ちは、Audi80×ルーテシア2を所有していた2002年以来だから、もう15年前の話か(゚д゚)! 輸入車に乗り始めたころの組み合わせに戻ったわけで、なんだかんだで我が家はAudiルノーが好きらしい。

 

実は、ルーテシアの中でも購入するグレードに悩みました。候補に挙がったのは、限定車S MTとゼン MT(マイチェン前)、GT(マイチェン前)、新インテンス、新ゼンと、これだけあります。S MTは既に売り切れ、ZEN MTは残っているのが青だけで断念。GTは白が残っているというのでかなり迷いました。
GTは、パワートレインはノーマルだけど装備と足回りがR.S.ライクというグレードです。価格は259万で、お得なような中途半端なような微妙な価格設定。そのためか、マイチェン後も在庫が残っていたらしく、このようなキャンペーンが行われていました。

f:id:chorosso:20170504232625j:plain

※過去のキャンペーンです

 

GTがゼンと同じ値段で買えちゃうわけです。これは心が揺らぎましたよ。GT-R譲りの大型パドル(ルノー日産はステアリングに連動して動かないタイプなので操作しやすい)とルノー・スポールのホールド力抜群のシート。マフラー二本出しで音もチューニングされてるとか。
しかし、マイチェン後のフルLEDライトに惹かれますし、いきなり型落ちモデルもなぁというのと、かねてよりルーテシアには明色系よりも暗色系が似合うと思っていたので、見送ることにしました。

ということで、最後にインテンスかゼンかという話になりました。
個人的に重視した点を比較すると
・インテンスは17インチ、ゼンは16インチ
インテンスのホイールデザインは先進的でカッコいいものの、ルーテシアの17インチは乗り心地が不評。営業さんも「ゼンの方がルノーらしい乗り味です。」とのこと。昔のルーテシア2を思い出したいし、16インチが良いね。

 

・インテンスはタッチパネル液晶、ゼンはピアノブラックのパネル
この二者の違いは見た目だけで機能は全く同じです。Bluetoothスマホと接続してあれこれできる今どきのやつが付いてます。それを車載のタッチパネルで操作するか、スマホ側で操作するかの違い。インテンスの液晶画面にナビ機能はなく、取り付ける場合はわざわざ純正のを外して社外の2DINタイプに交換する必要があり、非常に効率が悪い。一方、ゼンの場合は純正のスマホクレードルを設置できるポートがあって、Googleナビを使う時に便利。インテンスは、TTみたいに「スマホをどこに置けば...。」ってなります。

 

・インテンスはオートエアコン、ゼンはマニュアルエアコン
正直エアコンは効きさえすればどちらでも(笑) up!では何も困らなかったし。デザイン上でも、操作パネルは下の方にあって目立たないので気になりません。

 

・インテンスは次回入荷が7月に、ゼンは数週間以内
できればup!の新型が出る前に売りたいし、7月だと1年落ちてしまう。

 

・インテンスでグリチタニウムを選ぶとインパネが茶色に
インパネは黒かグレーか白が好みなので。

 

という感じで、ゼンの方がライフスタイル・好みに合っているように思いました。確かにインテンスはお得ですけれどね。そもそも街乗りカーですから、少しでも安い方が良いのです。唯一、ウィンドーのクロームメッキモールとリアのスモークが無いのが惜しいところでしょうか。
ちなみに、「ZEN」はフランスにおける外来語であり、なんと日本語の"禅"から来ているとか!

renault-passions.jp

 

 

さてさて、ようやく愛車の紹介です。

http://photohito.com/imageaid/?url=http://photohito.k-img.com/uploads/photo109/user108171/d/e/de9512f489b38313844bdcfce085a064/de9512f489b38313844bdcfce085a064_m.jpg

納車当日は偶然にも大安かつ快晴という良き日になりました。

ここのディーラーは、前にも書いたように非常に規模が小さく、たった一人の営業さんと、メカニックと営業の中間みたいな人の二人しか接客に当たる人がいません。そして、店の雰囲気も、ディーラーというよりはショップに近い感じで、コーヒーもセルフサービスだし、お客様扱いはされません。Audiのディーラーのつもりで行くと面食らうかも。その代わり、店の利益優先の営業トークではなく、客に有益な情報を素直に提供してくれるイメージで、気軽なお友達感覚になれる不思議な場所です(笑)

 

 

前車up!と同じ場所で撮影。

f:id:chorosso:20170504235645j:plain

マイチェン前は可愛かったけど、小動物顔要素が強すぎるように感じていたので、今のデザインの方が好み。

 

 

f:id:chorosso:20170504235719j:plain

リアがデザインで一番のお気に入りポイント。ルノーは各車の個性の出し方がうまいよね。
そうそう、ご覧の通りミラーがボディからあまり飛び出していないでしょ?ボリュームがあるように見えて、いざガレージに入れてみると、相変わらず大きさを感じさせません。車のサイズって不思議。私は今まで何を悩んでいたのか(苦笑) 最初からルーテシアがガレージに入ると分かっていたら、たぶんup!は買ってなかったかもしれない。

エンブレムに光る「LUTECIA」は、商標の関係上、日本仕様だけに与えられた名前で、本国では「CLIO(クリオ)」だというのは、ご存知の方も多いと思います。個人的には日本名の方がお洒落なネーミングで気に入っています。もともと親しみがあるからなのかもしれませんが。ルーテシア2の頃は、確か「Lutecia」だったのが、いつの間にか全て大文字に変わったみたい。今よりも更にマイナーな時代から、わざわざ日本のために名前を変えて導入していたことを考えると、応援したい気持ちになります。

 

それにしても、相変わらずルノー知名度は低いなぁ。今のところ、知り合いや職場では、誰一人として車名を当ててくれた人がいません^^; デザインが変わっていてお洒落とは言ってもらえるけど。男性からは「ボディカラーが渋い」と評判で、女性からは「ホイールにお花が咲いてる!」と評判です。このホイールは下のグレードのアクティフやS MTと同じものなのに、塗装を変えただけで全く別物で立体感があるように見えるので私も気に入っています。本当はブレーキダストが目立たないからだったりして(←_← )

 

 

f:id:chorosso:20170507221037j:plain

リアフェンダーの張り出しにより、本当に2ドアに見えます。唯一無二のカタチです。これで4ドアなんだから素晴らしい。やっぱり4ドアって便利ね(苦笑) この間まで、調子に乗って2台とも2ドアなんていう変態をやってましたが、さすがに街乗りカーが2ドアなのは限界を感じました。特にup!の2ドアは、イージーエントリー機能がリクライニングと兼用になっていて、背もたれの角度を記憶してくれなかったので、使いにくいったらありゃしないw
荷物も見た目以上にたくさん載って便利。この間、TTで来たと勘違いして大きな箱モノを3つ買ってしまって絶望していたら、ビックリするぐらい余裕でした。こういううところも、欧州で受けている理由の一つなのか。

f:id:chorosso:20170504235754j:plain

フルLEDライトは、今回のフェイスリフトで採用されたものですが、まるで最初から設計されていたかのように違和感なくハマってます。

デイライトは標準で点灯。どこかの誰かさんと違ってスモールの常時点灯なんていう間抜けな仕様ではないので、フロントだけ光ります。ただし、光量はスモールと同等...orz。写真のが点灯状態です。光量アップのコーディングを行いたいところだが、全く情報無し。台数が少ないメーカーですから。そのうちドイツ勢みたいに公式に100%の明るさになるのかしら。

 

 

f:id:chorosso:20170504235851j:plain

後ろもLED。あとは室内灯とフォグランプも!フォグランプは曲がる方向を先行して照らす機能があります。TTにも欲しい。サイドまで回り込んだデザインのおかげが、フロントの照射範囲もTTより広いし。

ここまでやってるのに、残念ながらウィンカー球とライセンスランプとバックランプはハロゲンなんだナ。

 

 

夜バージョン

f:id:chorosso:20170505000223j:plain

f:id:chorosso:20170505000248j:plain

 

 

長くなるので後編へ。インテリアと走りの印象に触れます。