Touch of Space

クルマ・カメラネタ中心の気ままなブログです。コメントなどはお気軽に(^ ^)

The神戸な夜景

観光雑誌で見かける神戸ポートタワーやモザイク広場の観覧車が並ぶ夜景。ふと、あれはどこから撮影してるんだろう?という疑問が湧いたので調べてみたら、対岸のポートアイランドからのものだと分かりました。

というわけで、撮ってきました。

 

その前に、暗くなるまでの時間つぶしに、IKEAに寄る。

IMG_9294

写真は昨年のもの。

 

 IMG_9296

TTは見かけ以上に沢山乗ります。ハッチがガバッと開くので出し入れもしやすい。

IMG_9271

TTで最も気に入っているところは?と聞かれれば、もちろんスタイリングですが、それだけではなく、こういう実用性の高さとスペックのバランスの絶妙さ故に、飽きずに2台目を買っちゃうんでしょうね。

 

 

そうそう、最近IKEAの向かいにできた『東京インテリア』。高田純次が「リニアよりも先に来ちゃった」と、CMやってます。大阪のIKEAの向かいにもあって、分かりやすすぎる喧嘩の売り方(笑)

 

まだ時間があったので見てきました。

 

要は雑貨屋と家具屋の複合体ですね。イオンモールに入っているような色々な雑貨屋の商品が大量に集まっていたり、ニトリのような比較的安価な家具が置いてあったり、店員に声をかけないと近づけないロイヤルな高級家具が置いてあったり、ここで何でも揃いそうではあります。
でも、IKEAみたいに「他には置いてない」要素はありません。なので、わざわざ遠方から来ようとは思いません。逆に、「IKEAには置いてない」ものが多いので、IKEAの補完用として向かいに出店して相乗効果を狙うのは上手いやり方でしょう。

 

おっと、マーケティング評論しているうちに夜になったので、撮影場所に向かいます。

IMG_7310

 

 

 

場所は、ポートアイランドの北端にあるポートアイランド北公園です。

KOBE PORT TOWER & MOSAIC night view

おぉ、これこれ。イメージ通りの神戸の夜景です。APS-C機に50mmでちょうど良い画角になります。

 

KOBE Long Bridge

KOBE Long Bridge

こちらは神戸大橋

 

KOBE MOSAIC night view

観覧車の光源だけ一際強く、その上に回転するため、SSを30秒にすると何だか分からなくなります。よって、ISO感度を200程度に上げて、SSを稼ぎました。

 

KOBE PORT TOWER night view

駐車場は満車状態。カメラマンばかりかと思ったら、ほとんど釣り客でした。誰も釣れてそうになかったけど( ̄▽ ̄;)

 

TTと撮影できる場所が無かったのは残念。

TTRSに乗る

久々に自分のブログを開いてみる...。あれ?前回の投稿が6/25(゚д゚)!Twitterが思いの外楽しいのでブログの更新を忘れてました(汗)

 

あっ、そうそう。今回から写真のアップロード先を一部「Flickr」に変更してあります。自分にしてはうまく撮れたと思う写真は、「Photohito」にアップし、それ以外は「はてなフォトライフ」から引っ張ってきていましたが、どういうわけか最近、PCからフォトライフのアップロードが上手くいかないので、将来的にブログを引っ越しても使えるように、Flickrを始めました。

と言うか、近いうちにクルマブログ率が高く、何名かお友達がいらっしゃるexcite blogあたりに引っ越すかも?

 

さて、現行TT(8S)のハイエンドモデルTTRSが日本で発売されて数か月、先月ぐらいから各地で「展示車が入った」「試乗した」「納車された」等の記事を見かけるようになりました。
私の住むエリアは田舎ですが、うちのディーラーは他県ディーラから試乗車が回って来次第、特別モデルの試乗会を開催してくれるので、近いうちにお目にかかれる日が来るだろうと思っていたら、案外早くDMが来ました。

 

というわけで、久々にディーラーへ。

Audi TTRS

ボディカラーは『ベガスイエロー』。初めて見るとギョッとする色(^^;;

店長さんが色々説明してくれました。ブレーキはセラミックで冷えてると全然効かない上にブレーキ鳴きが凄いとか、エンジンはランボルギーニのを半分にしたものだとか。

Audi TTRS Coupé 2.5TFSI quattro
エンジン:2.5リッター直列5気筒ターボ
最大出力:400ps(294kW)/5850~7000rpm
最大トルク:48.9kg・m(480N・m)/1700~5850rpm

 

Audi TTRS

有機ELテールライト(オプション)を装備。メルセデスも採用を始めましたね。有機ELによりテールランプを数mmに薄型化できるメリットがあるそう。個人的には内部の立体感が無く単調に見えました。

エンジン始動時の点灯ギミックは独特ですが昼間はよく分からず。

参考動画


Audi TT RS

 

 

Audi TTRS Interior

ほぼフルオプションだそうですが、本革シートは装備されておらず、愛車のTT S lineと同じレザーとアルカンターラのコンビネーション。よってコンソール部やドア内パネルもレザーではなく、パッと見特別感はありません。TTRSになってもフットレストはアルミにならないんですね。。。

違うのはエンジンプッシュボタンとドライブセレクトボタンがステアリングに移動していること、パドルシフトがメッキ加飾されていること。 

Audi TTRS Interior Material

そして、アルミのマテリアルが鱗柄。素のTTとはまた違いますが、いずれも好きではありません。アルミはヘアライン派。TT S line/TTSの方がクールです。

 

 

まさかのまさかで、勝手に乗ってきてOKパターンでした。特別モデルの試乗会でこんなこと言ってくれるのは初めてです。ガワはTTと同じだから、車両感覚に慣れているだろうと信頼されているのか?

ドライブセレクトは終始ダイナミックモード。

最初の印象は、「乗り心地、うちのより良いんじゃ...」。確かにノーマルTTより硬い。硬いんですが、無駄な振動が無いというか、剛性感が高く素早く振動が収まる印象でした。これは可変ダンパーの『マグネティックライド』によるところが大きいのではないかと推察。コンフォートモードなら逆に柔らかくて快適なのかな?

0-100km/h 3.7sのモンスターマシンですが、普通の道を走っている分には、愛車と比較して特段に速いとは思えず。アクセルの開度は高々半分ぐらいですからね。

ただし、パワーの底が厚く支えられたような感覚を得ました。

結局、1番違いを実感したのはバックファイア音(^^;; シフトアップしても「パンッ!」、キックダウンしても「パンッ!」と、夜中は気をつけた方が良さそうなくらいやかましいw

 

先代8JのRSも試乗経験ありですが、重苦しくて運転しにくい車というイメージでした。それが8Sでは、日常使いもしやすい車に仕上がっていました。その分、街中ではノーマルとの違いを感じにくく、ツマラナイと感じる人もいるでしょう。

 

 

ディーラーに戻って、愛車の横に並べてみた。

Audi TTRS & My Car

車高は大して変わらない。

 

Audi TTRS & My Car

こうして見ると、RSは過度にスポーツを演出したデザインでオモチャっぽい?S lineの方が品があるような(暴言)色のせいもあるかも。

 

 

帰りは、自分のTTでも久々にダイナミックモードに入れて、同じ道を走る。(普段はカスタムモードでミッションのみオートに設定し、その他はダイナミック。ダイナミックにするとバックファイア音が出やすくなります。)

 f:id:chorosso:20170827173300j:image

まぁ〜バックファイア音が静か静か(笑) 初めて8Sに試乗したときは、これでも驚いたのに。けれども、私にはこれぐらいがちょうど良い。ガチャガチャしてない内外デザインも落ち着きます。

あえて言うなら、エクステリアはもう少しシルバーパーツが欲しいし、インテリアはレザー張りに憧れる。

 

というわけで、仮にお金があっても、私が選ぶならTTSが理想でしょう。

https://scontent-nrt1-1.xx.fbcdn.net/v/t31.0-8/12022473_986054744789281_2563107345088679203_o.jpg?oh=6908e3e453e11783a106411f2cfb6bff&oe=5A4FCC7E
(出展:Auditography

【ライブレポ】鬼束ちひろ「Syndrome」大阪公演

かなり前になりますが、鬼束ちひろ全国ツアーの大阪公演に行ってまいりました。
ついに念願の生鬼束を聴けたわけです。

 

当日は半休を取得して会場のある難波へ。パークスで早めの夕食を済ませて、18:30頃に入りました。 

 

http://hall.zepp.co.jp/img/hall/namba/map4_namba.jpg
(出展:Zepp なんば大阪 公式サイト

会場はZepp Namba

ホールではなくライブハウスなので、強制的に500円のドリンクを買わされました。500mlのペットボトル飲料なので1mlあたり1円です。高くても味は変わりませんw

 

今回は二階席の後ろ寄り。チケット購入時点で分かっていたものの、調べてみると見晴らしが利き、ど真ん中に近かったのでゆっくり聴くには良いだろうと思い、そのまま素直に買いました。

席につき、全体を見回してみると、客層はまさに老若男女、おひとり様の中高生や会社帰りのサラリーマン、杖をついた老人など、年齢層の広さに驚きました。てっきり鬼束さんと同年代のアラフォーがほとんどかと思っていましたが。あとは、平日なのに家族連れもいました(家族全員ファンなの??)。「こりゃあ、国民的シンガーソングライターじゃないか。」と、勝手に感心しておりました。

 

19:00ちょうどに、ストリングスのメンバーが入場し、すぐに「good bye my love」のイントロがスタート。真っ暗な舞台に、右脇から鬼束さんの影がユラユラと音にノリながら現れると、歓声とともに拍手が起こりました。そして、歌い出しと同時にスポットライトが当たり、初めて鬼束さんを目の当たりにしました。残念ながらこの距離からは表情はハッキリ見えず。

最近何度かTVで披露したこともあって歌い込んでいるためか、非常にのびやかで安定感抜群の歌唱。歌い初めとして慣らすのにピッタリの選曲でしょう。

f:id:chorosso:20170625194902j:plain

(※今回のライブ風景ではありません)

最新アルバム「Syndrome」の全曲を中心に、過去の名曲を織り交ぜたセットリストでひたすら歌い続けます。間にMCなど一切なし。一曲終わったら数秒で次の曲のイントロが始まります。

相変わらず裸足で、足を上げてから床を踏み込んでリズムをとっているのが印象的でした。以前とは少し違う形です。

曲が盛り上がる部分では、ストリングスの音量が大きすぎてボーカルが聴こえないこともありましたが、鬼束さんはそれに負けじと物凄い声量で応えます。過去に喉を潰したこともありますから、休憩なくこんなに歌ったらまたどうにかなりやしないか...と、ちょっと心配になったり(^^;

そんな心配をよそに、1時間40分の迫力のライブは無事に終わりました。 個人的に一番聴き入ったのは、3曲目の「Sweet Hi-five」。新曲の中で特にお気に入りの部類に入るからというだけでなく、終始ストリングスが静かでボーカルを落ち着いて聴けたから。やっぱり、鬼束ちひろは、伴奏がほとんどピアノだけの静かなライブで最も輝く。

今度は、椅子の柔らかい(笑)ホール会場で、アコースティックなライブに行きたい。(追加公演はそんなライブみたいだが、遠方のため都合がつかない)

あとは、ライブで歌ったことはない(?)ものの、私が個人的に気に入っている「Losing a distance」と「VENUS」を一度生で聴きたいな。両方とも、2008年のアルバム「DOROTHY」の収録曲です。このアルバムは鬼束ちひろの中では一番好きですね。

 

 

アルバムと言えば、初のライブアルバム「Tiny Screams」をゲットしました。

f:id:chorosso:20170624205132j:image

CDも良いけれど、DVDで映像があると迫力が全然違って楽しめます。DVDの曲は、アルバム「Syndrome」の初回限定盤に収録されていたものばかりですが、新たにグッとくるものがありました。

 

 

 

何かと荒れていらしゃった頃に聴き始めて、「知るのが遅かったのか...。」と思いつつもファンを続けてきて本当に良かった。そう思えるライブでした。この全国ツアーをもって、鬼束ちひろの復活劇は区切りでしょう。これからは、初期とかどうとかの概念は通用しない、表現者として円熟した鬼束ちひろを応援し続けていきたいと思います。

f:id:chorosso:20170625195021j:plain

「good bye my love」MV

Twitterはじめました

何気なく、Twitterアカウントを作りました。

 

 

思いつきで作ったもので、さてどうしようか^^; とりあえず、基本はブログとPHOTOHITOの投稿をお知らせしようと思います。他にはブログにするほどでもない小ネタとブログの予告編的な事を書こうかな。

Twitterやってる人がいたら、フォローしてくれると嬉しいです。ここのコメント欄よりも気軽に情報交換できますし。

キーカバー難民

ルノーの車には、不思議ちゃんなポイントが必ずあります。ルーテシア2の時は、クラクションの位置がウィンカーレバーの先っぽでした。サンキュークラクションは非常にやり易かったです。音自体もファニーで、飛び出して来た子供に警告のクラクションを鳴らしても、音を真似されてバカにされたぐらい(苦笑) 今回のルーテシア4も比較的ファニーな音だったり、ウィンカー音がたまに躓いたりと、「ん?」って思うことがあるのがドイツ車との決定的な違いです。ドイツ車にすっかり慣れきってしまうと、フランス車やイタリア車に乗った時に初めて外国の車に乗っているのを実感します。

 

で、ルーテシア4の最大の「ん?」ポイントは、この悪名高いカードキーでしょう。

f:id:chorosso:20170507193433j:plain

エンジンをかけるには、カードを挿してからボタンをプッシュしないといけないという二度手間。よって、カードキーは常にお目にかからないといけないものなのに、このプラスチッキーな安っぽい見た目。ディーラーではキーホルダーすらくれなかった(扱ってないらしい)ので、早速キーカバーをAmazonでポチッといきました。

 

f:id:chorosso:20170507193501j:plain

見つかったのはコレだけ。中華の怪しいサイトには、もっと安くて色々ありましたけど、怖くて手が出せない。

サイズがピッタリで上からボタンを押せるのですが、逆にピッタリすぎて取り出しにくい^^;

営業さんによると、みんカラのユーザーさんに使い勝手の良いオリジナルケースを製造・販売している方がいらっしゃるそうで、調べてみたら本革製でお値段が...。本革なんて望まないので、安い素材で作れないのかな?

 

さらに、ロサンジュ(ルノーエンブレム)の純正キーホルダーをルノー公式のウェブショップで発注。GWを挟んでようやく届きました。

f:id:chorosso:20170520212027j:image