読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Touch of Space

クルマ・カメラネタ中心の気ままなブログです。コメントなどはお気軽に(^ ^)

半年点検

TTの半年点検を受けました。

点検の他にサービスキャンペーンの対処といくつかの気になる点(異音やエラーメッセージなど)について相談しました。いずれも大したものではないですが、解決策もまだわからないということで保留に。

 

f:id:chorosso:20161009152528j:image

点検では、タイヤの溝が新品時8mmのうち3mm減っていると指摘されました。これには思い当たる節があります(苦笑) まぁ、とにかく今のTTは走るのが楽しいということですな( ̄▽ ̄)

これで仮に5年乗るとしても一度は交換が必要になってしまったw 3年保つかも怪しいな。

 

 

 

f:id:chorosso:20161016214706j:plain

認定中古車コーナーには新旧TTが。どっちが2代目(8J)でどっちが3代目(8S)か判りますか?

 

 

f:id:chorosso:20161016215031j:plain

興味ない人は同じ車だとしか思わないんだろうな(^_^;)

 

 

f:id:chorosso:20161016215408j:plain

答え合わせ。白が8J 1.8TFSI、黒が8S 2.0TFSI Sline

白8J、見た目は前の愛車そのまんまだから懐かしい。

8Jの顔ってこんなに可愛かったっけ?(笑) 8Sに慣れてしまうと、8Jの顔はポヤーンとしてて、もう見られないナ。女性受けは断然8Jのようですが。8Jに乗っていた時に初代を見ていたような目で、今は8Jを見ています。当時はこれでも怖い顔だと思っていたのに。。。

 

 

ディーラーでは他に、RSモデルの展示会をやってました。

f:id:chorosso:20161016220145j:plain

主役はV10の

 

 

f:id:chorosso:20161016220249j:plain

f:id:chorosso:20161016223033j:plain

TTの兄貴分

 

 

f:id:chorosso:20161016221624j:plain

新型R8っ!

このハニカムグリルがイイですね。っていうか、R8にもなるとナンバープレートの台座がちゃんと日本規格なんだ(^_^;)

 

 

f:id:chorosso:20161016221232j:plain

座ってみると見た目以上に低い構えのコックピット。スペシャリティ感抜群。

 

 

f:id:chorosso:20161016221436j:plain

でも、ステアリングやスイッチ類などはTTの流用と思われる部品もチラホラ。まさに大きなTTというイメージ。先代のTTとR8もそんな関係でした。

 

 

f:id:chorosso:20161016221804j:plain

R8はノーマル(っていうほど大人しいものではないけれど)とplusという2グレード構成でこちらは普通のほうになります。どちらも5.2リッターV10 FSIエンジンで、出力の違いなどで差別化されています。

コックピットに座ってバフバフさせてもらいましたが、エンジンを始動させるだけでももの凄い爆音!

 

 

f:id:chorosso:20161017203105j:plain

ボンネットの中はやっぱりトランクになってるんだ~。でも小っちゃ(笑)

 

R8はカッコイイっちゃカッコイイのですが、最近のAudiブランドのデザインの流れのせいで、なんだか先代ほどのオーラを感じませんでしたね。顔はシュッとしてるし、リアはランボルギーニみたいでふくよかさが無いし。駐車場の入り口に置いてあったのに気づかず、R8はどこだ~?と探しちゃいました。

 

 

R8よりもトキメキを覚えたのが、RS6 Avant Plus。

f:id:chorosso:20161016222825j:plain

元々Audiの6番は結構好きです。

 

 

f:id:chorosso:20161016223124j:plain

21インチの大径ホイール。前後とも大きなキャリパー付いてます。

 

 

f:id:chorosso:20161017210700j:plain

インパネはカーボンの宝石箱や!

 

 

f:id:chorosso:20161017210849j:plain

f:id:chorosso:20161017210945j:plain

なんて贅沢な使い方。

 

 

f:id:chorosso:20161017211111j:plain

ここも!

 

目の保養になりました。

 

 

 

そう言えばRS6のメーターを見て思ったこと。

f:id:chorosso:20161017211208j:plain

アナログメーターは被写体としてはやはり楽しいナと。

 Audiのアナログメーター車でも、ここにナビの画面やら車両設定がそのまま出ます。ダッシュボードに乗員用モニターもあるので実質2画面ということに。結局ヴァーチャルコックピットって、この中央の液晶画面を端まで広げただけなんですよね(^_^;)

 

 

f:id:chorosso:20160819185935j:plain

TTのをアナログっぽく撮るとこうなります。何だかんだ言いましたが、視認性はコチラの方が良いと思う。

new Renault Twingo ~試乗編~

ルノーディーラーさんのHPで試乗車が用意できたと案内されていたので行ってまいりました。

試乗車はインテンス(ボディカラー:ジョン・エクレール、インテリアカラー:ブラン)

ちなみに、キャンバストップ無しの場合はやはり後席の頭上空間に余裕がありました。

<スペック>
エンジン:直列3気筒DOHC12バルブターボ
総排気量:897cc
最高出力:90ps(66kW)/5500rpm
最大トルク:13.8kg・m(135N・m)/2500rpm
駆動方式:RR
ミッション:6速EDC(デュアルクラッチ)
カタログ燃費:21.7km/ℓ(JC08モード)
タイヤサイズ(前):165/65R15
タイヤサイズ(後):185/60R15
全長×全幅×全高:3620×1650×1545mm
車両重量:1010kg(キャンバストップ車は1030kg)
最小回転半径:4.3m

 

エンジン・ミッション

走り出していきなり渋滞で、すぐにアクセルを緩めると、その瞬間に前へつんのめりました。エンジンブレーキが不自然なぐらいに強いのです。up!やTT(Efficiencyモードに限る)では、燃費を稼ぐためにアクセルを離すとほぼニュートラルの状態で滑っていきます。これに慣れているせいもありますが、上手く速度調節ができないので、慣れるまではギクシャクした運転になり同乗者を不快にさせてしまいそう。

f:id:chorosso:20160923193441j:plain

出足はさすがにデュアルクラッチだしトルクもあるのでググっと力強く出ます。もちろんそのまま加速を続ければup!みたいなシフトチェンジでのタイムラグもなし。問題はラフなアクセルワークをした時、コンピュータ制御が迷っているのかギクシャクします。この辺り、up!のASGの方がスムーズです。それから停止寸前、まるでMT車クラッチを切らなかったらノッキングする時のような振動を少し感じました。そしてアイドリングストップはエンストみたいに「ガラガラプッスン」と不安な音(^_^;)

クリープは非常に弱い。平坦な場所でないと進んでくれません。とは言え、勾配でもアクセルをチョンと軽く踏んでやればほぼ勝手に動いてくれる感じ。これだけでも自宅の車庫入れは楽になります(苦笑) up!はこういう時完全にクラッチのないMTと同じですから。。。

エンジン音は前席に乗っているとほとんど聞こえません。やっぱりタコメーターが欲しい。後席でも強めに加速しないとはっきりと聞こえることはなく、通常は遠くの方でエンジンが動いている印象。ただミッションの挙動に関連して振動が伝わりやすい気がしました。

トゥインゴのEDCはまだまだ発展途上だと感じました。VW系のDSGを目指して熟成させてもらいたいです。以前にルーテシアR.S.に試乗した時はそんなに悪い印象はなかったんだけどな~。

 

 

乗り心地

乗り心地は硬いです。まだ走行距離150km程度の新車だったのでわかりませんケド。up!より硬いんじゃない?と思ったくらい。それに後席では跳ねる感じもあってちょっと疲れてしまいそう。

 

 

ハンドリング

街乗りの範疇ではRRの良さは実感できず。交差点を勢いをつけて曲がってみましたが普通です。国産車みたいな間に機械の制御が入った感触があり、up!のようなダイレクト感がなくちょっとクセがありました。up!の方が運転しやすく楽しいです。BMW的なキレを期待していたんだけど(;^ω^) ですが、これがワインディングだと逆転するかも?という期待が残ります。

小回り性能は本当にすごい!片側2車線道路で転回を行いましたが、分離帯を挟んで中央寄りの2車線だけで済みました。 ハンドルを切って曲がりながら、他のクルマならもう少し切らないといけないかな~と思った瞬間にギュイーンと、ほぼ右後輪がコンパスの軸になったようなイメージで回りました(゚д゚)! 思わず声が出てしまいました。

 

 

 

というわけで、すぐに買いたくなったらどうしようと心配していたほど完璧な出来栄えではなくて良かったです(笑) 走りに関してはちょっと不満点を多めに書いたかもしれませんが、街乗りで短時間の試乗だったので今後この評価は完全に覆るかもしれませんし、候補車から外れたわけでは決してなく、今のところup!の次にふさわしい車は、国産車を除けばほぼトゥインゴ一択になってしまうだろうと思います。

現状で購入を考えている仕様はインテンス キャンバストップのブラン・クリスタル(ホワイト)。時期は早ければ1年半後くらいにと考えています。

f:id:chorosso:20160923183503j:plain

試乗車のジョン・エクレール(イエロー)だと、内装はブラン・クリスタルと同じ内装なので参考になりました。明るく気分が高揚するインパネでキャンバストップだったら楽しいだろうナと想像します。

 

トゥインゴはup!やスマートどころかFIAT500よりも売れるんではないかというぐらいに勢いがあるみたいですね。私がディーラーへ行った時もお客さんが大勢いました。私の住むエリアのディーラーは非常に規模が小さく営業さんが二人しかおられません!そこへお客さんがいっぺんに5組ぐらいやってきますから、初めてのことでそりゃもう大変そうでしたw おかげで勝手に走ってきてくださいと言ってもらえました(笑) 試乗した後も、「どうでしたか?良かったですか?ありがとうございました。ではお気をつけて。」とシンプルな対応(雑ってわけではないです)。

 

 

一方のマイチェンup!はトゥインゴに立ち向かえるのか注目です。そう言えば日本導入はいつ?


2016 Volkswagen Up first drive review

湖国 1,100m

琵琶湖西岸、大津市北部にあるびわ湖バレイへ行ってきました。本来はスキー場ですが、グリーンシーズン中は避暑地として多くの人が訪れます。この時期(9月上旬)でも激しい混雑でした。

 

f:id:chorosso:20160920220451j:plain

駐車場のある山麓でもすでに結構な高さ。

 

 

f:id:chorosso:20160920220621j:plain

日本最速(約45km/h)のロープウェイで一気に標高1,100mの世界へ。時間はわずか5分足らず!

ちなみに、昔はカーレーターと呼ばれるリフトとケーブルカーを足して2で割ったような乗り物で23分かかっていました。

 

 

山頂からの景色は

f:id:chorosso:20160920221446j:plain

おぉ~

がしかし、

きっと寒いだろう...と覚悟して長袖の上着を持って行ったのに意外と暑い(^_^;) 気温は22°Cですが、風が止んだ状態だと、太陽に近い分だけかえって日の光が強いんですわwでもそよ風が吹くと気持ち良いですよ♪

 

 

f:id:chorosso:20160920222307j:plain

リフトに乗ってより高いところへGO。

 

 

f:id:chorosso:20160920222702j:plain

どうでしょう?高さが実感できるでしょうか?

 

 

f:id:chorosso:20160920222435j:plain

芝生は奈良公園みたいに鹿の糞でいっぱいですが、座ってる人は大丈夫でしょうか(笑)

 

 

f:id:chorosso:20160920222831j:plain

先ほどのロープウェイ山頂駅を見下ろす。

 

ここらで望遠レンズに付け替えて少しお遊び。

f:id:chorosso:20160920223148j:plain

琵琶湖大橋付近。空撮してる気分。

 

 

f:id:chorosso:20160920223546j:plain

ロープウェイ乗り場まで徒歩で下りながら。

 

 

f:id:chorosso:20160920223401j:plain

JR湖西線周辺のアップ。

 

 

あっ、そうそう。

f:id:chorosso:20160920223809j:plain

びわ湖バレイの新たなスポットである「びわ湖テラス」ですが、こんな感じで凄い人でした。

 

 

f:id:chorosso:20160920224056j:plain

ここは若者とカップルで埋め尽くされていましたとさw  個人的にはさっきの最高地点の方が静かで見晴らしが良いと思うんだけど。

 

 

f:id:chorosso:20160920224424j:plain

では帰りま~す。行きも帰りもロープウェイは満員。

そして下りの方がスピードが出てて怖い( ̄▽ ̄;) 

 

 

帰りはいつも通り京都のショッピングモールに寄り道。

f:id:chorosso:20160920224541j:plain

TTがやって来てちょうど半年になりました(^_^)

new Renault Twingo ~観察編~

新型トゥインゴが日本で発表されてからというもの、動画を漁るたびに心の中の「イイんじゃない?!」の声が大きくなっていく私(笑)

up!をすぐ乗り換えるわけではありませんが、盛り上がっているうちに見ておこうかナ。。。

f:id:chorosso:20160911233409j:plain

そう思い、10年ぶりぐらいに古巣のルノーディーラーへお邪魔してきました。まだ発売前でキャラバンでもないので、一応非公式での展示だそう。試乗車は発売以降になるのでお預け。

今回は観察しての感想を、撮影した画像とネットの拾い画を織り交ぜながら綴ります。

展示車はトゥインゴ インテンス キャンバストップ(ボディカラー:ブルードラジェ、インテリアカラー:ブルー)

 

 

f:id:chorosso:20160912183557j:plain

フロントフェイスは思ったより構えが大きく、実際のサイズ以上に大きく感じる。ヘッドライトとフォグランプはハロゲン式、スモールランプはLED式。ヘッドライトはもう少し透明感が欲しいというか、ただの電球が入ってますみたいな残念感が否めない。オプションでLEDヘッドライトが選べるようになる予定らしいが、それで価格と印象がどれだけ変わるか。。。

 

 

f:id:chorosso:20160912184434j:plain

ルノー5(サンク)をモチーフにしたとされるリアスタイル。先ほど「古巣の~」と言いましたが、実はここのディーラーでルーテシア2を購入し7年弱所有していたことから、個人的にはそのルーテシア2にも通ずるスタイルであって懐かしく感じます。丸みを帯びつつ踏ん張りの効いたデザインでスポーティ。

 

 

f:id:chorosso:20160912212337j:plain

ホイールは15インチアルミが標準装備。タイヤは前輪が165/65R15、後輪が185/60R15 で異なるサイズ。納車時に履かされる銘柄は複数あるが、1/4ぐらいの確率でハンコック(韓国製)に当たる模様。それだけはマジ勘弁w

 

 

f:id:chorosso:20160912184037j:plain

フロントシートは見た目はup!にそっくりなのに、up!のそれよりも一回り大きく座り心地が良い。さすがフランス車。手動式の調整機構の動きは問題なし。

後席の居住性は、残念ながらキャンバストップ仕様は日本の成人男性にも厳しい空間。ちょうど頭上に機械が入っているためである。身長170cmの私でも髪の毛がすれる程度の狭さ。これがキャンバストップ無しだと十分な空間になると予想(後述)。足元の広さは十分だが、フロアが高めなので膝を少し浮かせた状態になってしまう。前席下に脚を延ばす空間があるので、そうすれば若干マシになる。

 

 

f:id:chorosso:20160912201622j:plain

後席下には荷物を置くスペースがある。

 

 

f:id:chorosso:20160912190022j:plain

キャンバストップはFIAT500CやシトロエンDS3カブリオのように、後ろまで垂れ下がるものではないのでお洒落さは半減。むしろ故障や雨漏りの心配が増えるだけでは?と懐疑的であったが、やはりガラスルーフ(ましてや最近ははめ殺しタイプが多い)では得られない解放感が前後席両方で得られた。また、好きな位置で止められるので換気用としても有効。

 

 

f:id:chorosso:20160912190623j:plain

ネットではあまり見かけない、幌を閉じた状態での車内の様子。ベージュの布地で閉じていても車内は明るい印象。キャンバストップ無しだと、この高さまで車両本体の天井全体がかさ上げされるそうなので、後席でもある程度高身長の方も座れるかと。

 

 

f:id:chorosso:20160912185045j:plain

インテリアの各パネルの質感はプラスチックむき出しだが、デザインでカバーしているので気にならない。特にメーターフード周辺などは複雑な造形。up!は完敗と言わざるを得ない(;^ω^)

ステアリングホイールは標準で本革仕様となり、やたらと立派で高級感がある。また、Audi乗りとしてはお馴染みのDシェイプタイプでこれまたスポーティな印象。ボタンは音量調整など最小限のものが付いている。

 

 

f:id:chorosso:20160923161808j:plain

オプション(¥5000程度)でスマホ用のクレードルが備わる。ルノー提供のスマホ向けのアプリ「R&GO」を使用すれば、まるで純正のナビのようにマップやオーディオ機能が使える。さらに優れた機能もある(後述)。

 

 

f:id:chorosso:20160912201323j:plain

インテンスのトランスミッションは6速EDC(デュアルクラッチ)。30秒で完売したという限定車の5S(サンクS)はMT。ちなみに、MT+NAエンジンのグレードは2017年にカタログモデル化される予定だが、5Sほどの低価格は実現できないとのこと。それにしても、シフトノブ周りはあまりにも簡素だ。これは内装でup!が唯一勝っている部分かもしれない(笑)

 

 

f:id:chorosso:20160912202103j:plain

MTだとシフトブーツがあるので印象が全く違う。(画像は欧州仕様車)

 

 

f:id:chorosso:20160912191217j:plain

メーターは速度計のみの単眼タイプで、中央にホワイトカラーの液晶が備わる。これが兄弟車のスマートだとフルカラーになる。スマート共々タコメーターが無い。これはAT(EDC)車はともかく、MT車はいかがなものだろうか。RRでエンジンが後方にある分、音が小さく回転の感覚がより掴みにくいのでは?

そう思って、海外の動画を見ているとこのような機能が。

f:id:chorosso:20160912202726j:plain

先ほどの「R&GO」によって、車のコンピュータとスマホがリンクし、タコメーターを映し出すことができるではありませんか!でも、これだとナビが使えないな(;^ω^)

 

f:id:chorosso:20160912202837j:plain

 他にも燃費や走行距離も表示できるみたい。ただし、日本仕様ではどこまで対応しているのか謎。

 

 

f:id:chorosso:20160912203042j:plain

トランクはいたって普通だが、この下に0.9リッターターボエンジンが入っている。190万円でターボエンジンながら質素な内装のトゥインゴと、210万円で自然吸気エンジンながら高級な内装のスマート、どちらを取るか悩ましいところ。

トランクの底面は走行後はいくらか熱くなるらしく、ここに冷凍食品やナマモノを置くのは気が引ける。オプションでさらなる遮熱マットがあるそうな。

 ガラスハッチは、なんと1枚ガラスに内装を張り付けているだけらしい。up!は鉄板にガラス貼り付けだったけ?耐久性は大丈夫なのだろうか。

 

 

 

というわけで、第1印象としては期待よりややプラスαぐらいの出来でした。試乗車が入り次第すぐに乗りたいと思います(^^)

何だかカッコいい!新型A5 Sportback

第2世代となるAudi A5/S5 SportbackがA5/S5 Coupéに引き続き発表されました。AudiのDセグ4ドアクーペになります。

公式の映像を昨晩見て、和田智氏のいないAudiデザインもまだまだ捨てたもんではないナと感じます。

f:id:chorosso:20160909124834p:image

f:id:chorosso:20160909131830p:image

この角度から見た時、もしドアノブが隠れていれば本当のクーペと思ってしまいそう。

正直先代のA5SBはダックスフントみたいな間延び感が私は苦手でした。そもそもCLAとかも含めた4ドアクーペなんていうジャンルのネーミングには違和感しかない(CLSは認めます笑)。

f:id:chorosso:20160909131928p:image

でも今回の新型は流麗かつ塊感がある!

 

 

f:id:chorosso:20160909131316p:image

このリアエンドのショルダーラインとウィンドウラインの処理が効いてますわ〜。

 

 

こうして見ると、

f:id:chorosso:20160909132007p:image

リアも

 

f:id:chorosso:20160909132124p:image

ナマズみたいなフロントもカッコ良く見えてきた。

 

 

ちょっと気になる(((;°▽°))

ちなみにこれはSlineなので、ノーマルはどんな感じかで判断が決まりそう。でないと価格が...ねぇ...^^;

800マンコース?

 

参考動画